2005年01月30日

ネパール政府がチベット人救護施設を閉鎖

----------------------------------------------------------------------
05年1月27日付の「カトマンズ・ポスト」がネパール政府が突然、ダライ・ラマ法王ネパール事務所とチベット難民救護事務所を閉鎖したと報道した。チベット難民救護事務所はチベットから逃れてくる難民を保護する機能を果たしており、事務所の閉鎖は今後、チベット難民に深刻な影響を与えることになると思われる。チベット政府は2001年の王室殺人事件での政変以来、国会の機能停止と、マオイストとの戦争による混乱が続いている。現在の政府は王室殺人事件ののちに王位についたギャネンドラによる王政独裁の形になっているが、今回のチベット人に対する新しい人権侵害措置が今後どう展開するか、予断を許さない。 
----------------------------------------------------------------------
▼予告なしの突然の閉鎖

報道によれば、ネパール政府は何の予告もなく1月21日、首都カトマンズにあるダライ・ラマ法王ネパール事務所とチベット難民救護事務所の閉鎖を命じた。「ネパール政府に閉めろと言われれば、閉めるしかありません」とチベット亡命政府ネパール代表のワンチュック・ツェリングは、カトマンズ・ポストの記者に対して述べている。

ネパールには毎年数百人以上の難民がヒマラヤを越えて流入している。ヒマラヤの山道を徒歩で逃亡してネパールにたどり着いたチベット難民は、凍傷や疲労からくる疾病に罹患していることが多く、この救護施設は1959年に開設されて以来数多くのチベット難民の救護活動をしてきた。救護されたチベット難民は主にインドのダラムサラなど、世界各地に散らばっており、ネパール国内には2万人程度の難民がいると思われる。

「カトマンズ・ポスト」のインタビューを受けたプラカシ・シャラン・マハット外務大臣は、「今回の措置は中国政府からの圧力によるものではない。ネパール政府に正式に登録しないで活動していたからだ」と回答している。

しかしこの説明はこじつけとしか言えない。チベット難民救護事務所は40年以上も前に活動を開始しており、国連高等難民弁務官事務所の協力を得ながら、各国に送り出されるチベット人難民の一時救護所として今までネパール政府から認められていた機関であったからだ。

▼人権侵害に転じた王政独裁政権

ネパール政府は2003年5月に4人の子どもを含む18人のチベット難民を中国に強制送還しており、この事件をきっかけに、チベット人難民を国連高等難民弁務官事務所にゆだねてきた今までの政策を停止しており、国際社会から強い非難が起きている。

今回の報道を受けてアメリカの人権NGO「ヒューマンライツ・ウォッチ」が28日声明を発表し、ネパール政府に対し、事務所閉鎖措置をただちに解くように要請している。

http://www.hrw.org/english/docs/2005/01/28/nepal10085.htm

「ヒューマンライツ・ウォッチ」のアジア担当のブラッド・アダムス氏はこの事務所について「迫害されている何千人ものチベット人難民に対する極めて重要な安全保護機関であり、事務所が閉鎖されれば、これらの人々にはなんら保護が与えられないことになる」と警告している。

▼混乱の元凶は現国王

現国王ギャネンドラは、ネパール国内では2001年の王室大量殺人事件の真犯人ではないかと疑われている。事件が起きた当日に唯一パーティーに参加していなかったのが、ギャネンドラであったことと、妻、息子が事件に遭遇したにもかかわらず無傷だったことなど、数々の疑惑が取りざたされている。各政党が国王の命令を無視し続ける異常事態が続いており、国会も憲法も機能していない。その結果、ギャネンドラ国王が専制政治を推し進めることになってしまい、さらに王政に全面的に反対するマオイストとの武装抗争で、国全体が戦闘状態になっている。マオイストとの武装抗争の結果、両者の戦死者は1万2千人を超えており、イラクと同様、国全体が危険な状態に直面している。

(c)2005 菅原 秀

参照URL
http://tibet.cocolog-nifty.com/blog_tibet/2005/02/post_1.html
posted by 菅原 秀 at 12:43| Comment(1) | TrackBack(1) | アジア基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 長田幸康 at 2005年02月14日 16:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

チベット難民が見捨てられようとしているので助けていただきたい♪
Excerpt: ネパールのカトマンズでチベット難民を保護する活動をしている「チベット難民福祉事務
Weblog: チベット式
Tracked: 2005-02-14 16:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。